{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
0120-917-010
電話受付:平日9:30〜18:00 ※年中無休(年末年始を除く)

TOP > 白描源氏物語 > 【第十二帖】須磨(すま)
白描 源氏物語

【第十二帖】須磨(すま)

「初雁は恋しき人のつらなれや旅の空とぶ声のかなしき」

■現代語訳
「初雁は都にいる恋しい人の仲間なのだろうか。この旅の空を飛んでいく声までもがいとおしく聞こえる」
(光源氏)

■鑑賞


源氏の君はもう二位の上達部(かんだちめ)でもなければ、右大将でもございません。弘徽殿大后(こきでんのおおきさき)のはかりごとにより官位を剥奪せられた源氏の君は、 流刑になる前に、自ら須磨に退去することを決心なさいます。 別れを嘆き悲しみ、涙にくれる紫の上。 「私の命と取り替えてでも、あなたとの悲しいお別れをしばらくでも引きとめたいものです」 源氏の君は後ろ髪を引かれながらも、最愛の妻の行く末を慮り(おもんばかり)、二条院のお邸などを紫の上に託すと、愛する人びとに別れを告げて、都をお離れになるのでした。 海人(あま)の家とてまれな須磨の謫居(たっきょ)は、さびしいばかり。 琴を弾き、絵を描き、和歌を詠じては無聊を慰めるのですが、 秋の空をゆく初雁に、望郷の念を強めます。 その頃、前(さき)の播磨守(はりまのかみ)の明石の入道は、源氏の君の須磨退去を知り、 最愛の姫君を源氏の君に奉りたいと願っていました。