{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
0120-917-010
電話受付:平日9:30〜18:00 ※年中無休(年末年始を除く)

源氏物語【5】黒髪のケア〈前〉

【5】黒髪のケア〈前〉


一日がかりのシャンプー〈前〉


今回は平安貴族のヘアケアを見てみましょう。


◆丈にあまれる黒髪


平安時代の貴族生活を描いた絵巻を見ると、
女性はみんな超ロングヘア。
絵師が大げさに描いたのでしょうか。

そうではありません、
『源氏物語』にも浮舟の髪は六尺ばかり(180センチメートル)とあり、
末摘花が抜け毛をかつらにするときは九尺あまり(270センチメートル)
あったと書いてあります。
丈にあまれる(身長以上の)長さが理想だったのです。

庶民の女性はそこまで伸ばさず、
活動しやすいように結い上げていました。
しかし貴族の女性は「垂髪(すいはつ)」といって
まっすぐ垂らすのが常識。

電車に乗るわけでも赤信号であわてて走るわけでもないとはいえ、
扱いはたいへんでした。
夜寝るときは枕元に箱を置き、
その中に巻いた髪を入れていたそうです。
寝返りは大丈夫だったのでしょうか。



◆つとめてよりくるゝまで


そんな長い髪をどうやって洗っていたのでしょう。
『源氏物語』にはシャンプーの場面が見あたりません。

同じ頃に書かれた『うつほ物語』に女一宮(おんないちのみや)の
シャンプーのようすが書かれていますが、
まず最初の一行に驚きます。



宮つとめてよりくるゝまで御髪すます
(うつほ物語 蔵開・中)

宮さまは朝早くから日が暮れるまで髪をお洗いになる


「御髪(おぐし)すます」は「洗髪なさる」ということ。
それが「つとめて(早朝)」から日が暮れるまでつづいたというのです。
どうしてそんなにかかるのでしょう。現代語にしてみます。


湯帷子(ゆかたびら)を着た宮さまを侍女たちが(湯殿に)お連れする。
洗い終わって高い厨子の上にしとねを敷いて乾しなさる。(中略)
宮の前には火桶を置いて火を起こし、薫き物をくべて匂わせ、
御髪をあぶりながらぬぐってさしあげる。


身長より長い髪は洗うだけでも大仕事。
何人もの女房たちがつきっきりでお世話したのです。
乾かすときは台の上に横になり、
火桶(火鉢)の上に髪を広げて拭い、
香をたいて香りをつけました。


(→後編につづく)