商品カテゴリ一覧 > 白描 源氏物語

白描 源氏物語

源氏物語とその時代 源氏物語の構成 紫式部について 白描画とは

  目次
第一帖
桐壺(きりつぼ) >> をさな心地にも、はかなき花・紅葉につけても、心ざしを見えたてまつり
第二帖
帚木(ははきぎ) >>この品々を、わきまへ定め争ふ。いと、聞き憎きこと多かり。
第三帖
空蝉(うつせみ)>>昼より、西の御方の、わたらせ給ひて、 碁打たせ給ふ。
第四帖
夕顔(ゆうがお)>>白き扇の、いとうこがしたるを、 「これを置きて、参らせよ。 枝も情なげなめる花を」
第五帖
若紫(わかむらさき)>>雀の子を、犬君(いぬき)が逃がしつる。 伏籠(ふせご)の中に、籠めたりつるものを・・・
第六帖
末摘花(すえつむはな)>>「なつかしき色ともなしに何にこの すゑつむ花を袖にふれけん」
第七帖
紅葉賀(もみじのが)>>「『儺(な)やらふ』とて、犬君(いぬき)が、 これをこぼち侍りにければ、つくろひ侍るぞ」とて、 「いと大事」とおぼいたり。
第八帖
花宴(はなのえん)>>憂き身世にやがて消えなば尋ねても 草の原をば問はじとや思ふ
第九帖
葵(あおい)>>「嘆きわび空に乱るるわが魂を 結びとどめよしたがひのつま」と、のたまふ声・けはひ その人にもあらず、変はりたまへり。
第十帖
賢木(さかき) >>「神垣(かみがき)はしるしの杉もなきものを いかにまがへて折れる榊ぞ」
第十一帖
花散里(はなちるさと)>>たちばなの香をなつかしみ郭公(ほととぎす) 花散る里をたづねてぞ訪ふ(とう)
第十二帖
須磨(すま)>>「初雁は恋しき人のつらなれや 旅の空とぶ声のかなしき」
第十三帖
明石(あかし)>>「住吉(すみよし)の神、近き境(さかひ)を鎮(しず)め 護り(まもり)たまふ。まことに跡(あと)を垂れたまふ神ならば、 助けたまえ」
第十四帖
澪標(みおつくし)>>みをつくし恋ふるしるしにここまでも めぐり逢ひける縁(えに)は深しな
第十五帖
蓬生(よもぎふ)>>古(ふ)りにたる御厨子(みづし)あけて、 唐守(からもり)・藐姑射(はこや)の刀自(とじ)・ かぐや姫の物語の、絵にかきたるをぞ、 時々のまさぐり物にしたまふ。
第十六帖
関屋(せきや)>>「逢坂の関やいかなる関なれば しげき嘆きの中を分くらん」
第十七帖
絵合(えあわせ) >>須磨の巻、出で来たるに、 中納言の御心、騒ぎにけり。
第十八帖
松風(まつかぜ)>>身をかへて ひとり帰(かへ)れる 山里に 聞きしに似たる 松風ぞ吹く
第十九帖
薄雲(うすぐも)>>「入日さす 峰にたなびく 薄雲(うすぐも)は 物おもふ袖に 色やまがへる
第二十帖
朝顔(あさがお)>> 童(わらわ)べおろして、雪まろばしさせたまふ。 「いと多う、まろばさん」と、 ふくつけがれど、えも押し動かさで、わぶめり。
第二十一帖
少女(おとめ) >>「恋(こひ)しとはおぼしなむや」とのたまへば、 すこしうなづきたまふさまも、幼げなり。
第二十二帖
玉鬘(たまかずら) >>「恋(こ)ひわたる 身はそれなれど 玉かづら いかなるすぢを 尋ね来つらむ」  
第二十三帖
初音(はつね) >>年月(としつき)を まつにひかれて 経(ふ)る人に けふうぐひすの 初音(はつね)きかせよ
第二十四帖
胡蝶(こちょう)>>春に日のうららにさして行(ゆ)く 舟は棹(さお)のしづくも花ぞちりける
第二十五帖
螢(ほたる)>> にはかにかく掲焉(けちえん)に光(ひか)れるに、あさましくて、 扇(あふぎ)をさし隠(かく)したまへるかたはら目(め)、 いとをかしげなり。
第二十六帖
常夏(とこなつ)>> 「なでしこの とこなつかしき 色を見ば もとの垣根を 人やたづねむ」
第二十七帖
篝火(かがりび)>> 篝火(かがりび)に たちそふ恋の 煙こそ よには絶えせぬ ほのほなりけれ
第二十八帖
野分(のわき) >>ここかしこの草むらによりて、いろいろの籠(こ)を持てさまよひ、 撫子(なでしこ)などのいとあはれげなる枝(えだ)ども 取りもてまゐる。
第二十九帖
行幸(みゆき) >>「うちきらし 朝ぐもりせし みゆきには さやかに空の光やは見し」
第三十帖
藤袴(ふじばかま)>>朝日さす ひかりを見ても 玉笹の 葉分けの霜を 消たずもあらなむ
第三十一帖
真木柱(まきばしら) >>にはかに起き上がりて、 大きなる籠の下になりつる火取りを取り寄せて、 殿のうしろに寄りて、さと沃(い)かけたまふ・・・
第三十二帖
梅枝(うめがえ) >>花の香は 散りにし枝に とまらねど うつらむ袖に あさくしまめや
第三十三帖
藤裏葉(ふじのうらば) >>男君は、夢かとおぼえたまふにも、わが身いとど 厳しうぞおぼえたまひけんかし。女は、いとはづかしと 思ひしみてものしたまふも、ねびまされる御ありさま、 いとど飽かぬところなくめやすし。
第三十四帖
若菜 (上)(わかな)>> 猫のいたく鳴けば、見返りたまへる面もち、もてなしなど、 いとおいらかにて、若くうつくしの人やと、 ふと見えたり。
第三十五帖
若菜 (下)(わかな)>>今日の拍子合はせ(ひょうしあわせ)には童(わらべ)を召さむとて、 右の大殿(おほいどの)の三郎、 尚侍(かん)の君の御腹(おむはら)の兄君笙の笛(そうのふえ)、 左大将の御太郎(おむたろう)、 横笛と吹かせて、簀子(すのこ)にさぶらはせたまふ。
第三十六帖
柏木(かしわぎ)>> 「あはれ。残り少なき世に生ひ出づべき人にこそ」 とて、抱きとりたまへば、いと心やすくうち笑みて、 つぶつぶと肥えて白ううつくし。
第三十七帖
横笛(よこぶえ)>>わづかに歩みなどしたまふほどなり、 この筍(たかうな)の櫑子(らいし)に、何とも知らず立ち寄りて、 いとあわたたしう取り散らして、 食ひかなぐりなどしたまへば……
第三十八帖
鈴虫(すずむし)>> へだてなく はちすの宿を 契りても きみがこころや すまじとすらむ
第三十九帖
夕霧(ゆうぎり)
第四十帖
御法(みのり)