京都宇治式部郷

新規登録はこちらから
→会員様ログインはこちら


無選別

商品検索
キーワード:

価格:
円~

商品一覧
宇治六菓撰
さくら紅葉
仏事用はこちら
三色せんべい
薫るきみ
奏で七音
源氏あられ
源氏ふきよせ
季の花かご
あられ包み
源氏ろうる
源氏歌あわせ
式部菓撰
[ 一覧はこちら ]

ひかるあられ
フェイスブック京都宇治式部郷
仏事用あられ
京都 式部郷について

お電話FAXからのご注文について

ポイントについて


お気に入りに登録

お気に入りに登録
[ 解除の方はこちら ]

源氏物語 メールマガジン

  源氏物語メールマガジン >> 【65】捨てられる人形 愛される人形

  【66】捨てられる人形 愛される人形
 



        今回は平安時代の人形の役割りについて。

──────────────────────────────────
◆身代わりとしての人形
──────────────────────────────────

「須磨」の巻の最後、光源氏は
なまさかしき人(知ったかぶりする人)に勧められ、
海に出て禊(みそぎ)を行います。

───────────────────────────────
いとおろそかに軟障ばかりを引きめぐらして
この国に通ひける陰陽師召して祓へせさせたまふ
舟にことことしき人形のせて流すを見たまふによそへられて

    知らざりし大海の原に流れ来て ひとかたにやはものは悲しき
───────────────────────────────
たいへん簡素に軟障(ぜじょう=壁代)だけを引いてその場を囲み
須磨に行き来していた陰陽師を呼んで祓いをさせなさる
舟に大げさな人形(ひとがた)を載せて流すのをご覧になると
わが身の上が思われて

見も知らぬ大海原を流れてきて ひとかたならず悲しく思われることだ

この日は三月最初の巳(み)の日でした。
五月最初の午(うま)の日を端午(たんご)と呼ぶように、
最初の巳なので上巳(じょうし)といい、
祓(はらえ)を行う風習があったのです。

今でも流し雛を行う地方がありますが、
この日は祓をして川や海などに人形を流しました。
人形は人間の身代わりになる形代(かたしろ)で、
人形で体をなでたり祈祷したりして穢れやわざわいを人形に移し、
水に流したのです。

──────────────────────────────────
◆人形の世界にも格差あり
──────────────────────────────────

「須磨」から五年後、
「薄雲」の巻で源氏が明石の姫君を二条院に迎える場面に
天児(あまがつ)と呼ばれる人形が出てきます。

絵巻の類を見るとずいぶん簡素な小さい人形で、
特にかわいいともきれいとも思えませんが、
これもまた形代でした。

幼児の姿をしているのは身代わりとなるため。
降りかかるわざわいを幼児に代わって身に受ける、
魔よけの役目を果たしていたのです。

時間を遡って「若紫」の巻には、
源氏がまだ幼い若紫(のちの紫の上)と
雛(ひいな)で遊んだとあります。

こちらは呪術的な意味はなく、人形を使った単なるままごと遊び。
絵巻にはドールハウスのような御殿の中に
着飾った人形をならべて遊ぶ若紫が描かれています。
形代とは比べものにならないセレブな人形たちです。

清少納言は『枕草子』の
「うつくしきもの」の段に「雛の調度」を採り上げ、
「ちひさきものはみなうつくし」と手放しでほめています。
人形の家や家具、道具類にいたるまで、
かなり立派な、凝ったものだったようです。

ところで、平安時代の雛遊びは三月の雛祭りとは関係なく、
貴族の女の子の日常的な人形遊びのことをいいます。
わたしたちが知っているような三月三日の雛飾りは
江戸時代になってから誕生したものです。


  源氏物語メールマガジン >>【66】捨てられる人形 愛される人形

お気に入りに登録
源氏物語メールマガジンご登録はこちら