源氏物語 メールマガジン

  源氏物語メールマガジン >> 【9】貴族のスイーツ

  【9】貴族のスイーツ
 

 

  くだもの今むかし〈前〉

今回は平安時代のお菓子の話題です。

──────────────────────────────────
◆平安朝のフラッペ
――――――――――――――――――――――――――――――――――

夏の風物詩のひとつ、かき氷。
強い日ざしの中を歩いていると、つい恋しくなりますね。

ところで千年も昔、
平安貴族がかき氷を食べていたのをご存じでしょうか。


───────────────────────────────
あてなるもの
薄色に白襲(しらがさね)の汗衫(かざみ)
かりのこ 削り氷(ひ)にあまづら入れて
あたらしき金鋺(かなまり)に入れたる
水晶(すいさう)の數珠(ずず)藤の花
梅の花に雪のふりかかりたる
いみじううつくしきちごのいちごなどくひたる
(枕草子 第四十二段)
───────────────────────────────
上品なものといえば
薄紫の着物の上に白襲(表裏とも白)の表着を重ねた少女
雁の子 削った氷にあまずらを入れて
新しい金属のわんにいれてあるもの
水晶でできた数珠(じゅず) 藤の花
梅の花に雪が降りかかっているところ
とてもかわいい子どもがいちごなど食べているところ


「あて」は漢字で「貴」と書き、上品で美しいこと。
削り氷は今でいうかき氷で、
それに甘葛(あまずら)という植物から作った
甘味料を混ぜて食べました。
金属のお椀に入れたら涼しげに見えたのでしょう。

氷は氷室(ひむろ)に保存していたもの。
京都周辺の各地から、夏になると宮中に献上されました。

旧暦六月一日は氷の朔日(ついたち)ともいい、
宮中では氷室の節会(ひむろのせちえ)が催されて
皇族や上級貴族が氷を食べるならわしでした。


当時の代表的な甘味料はあまずらで、
砂糖や蜂蜜はほとんど使われませんでした。
輸入が少なく希少な上に、薬用とされていたためと考えられます。


いちごはまちがいなくくだものですが、
当時は削り氷もくだもの、
餅(もち)もくだものでした。

平安文学に「菓子」として出てくるのは
それらの総称なので、混乱なさらないように。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆餅配りの習慣
――――――――――――――――――――――――――――――――――

「葵」の巻に出てくる亥の子餅(いのこもち)は
旧暦十月の亥の日に配る菓子のこと。
無病息災や子孫繁栄を願う「亥の子の祝い」は宮中の年中行事でした。


───────────────────────────────
その夜さり 亥の子餅参らせたり
かかる御思ひのほどなれば ことことしきさまにはあらで
───────────────────────────────
その晩 亥の子餅を御前に差し上げた
このような喪に服す時期なので大げさにはせずに


時期が時期なので源氏はこっそり用意していますが、
多くの人に普通にふるまうものでした。

素材は大豆、小豆、大角豆(ささげ)、
胡麻(ごま)や栗などが使われていたといい、
農村のそれとはちがっていたかも知れません。

武士の時代になると
形も大きさも碁石ほどのものになっていたといいますから、
時代や社会によってさまざまなヴァリエーションが
あったものと考えられます。


(→後編につづく)


  源氏物語メールマガジン >> 【9】貴族のスイーツ

お気に入りに登録
源氏物語メールマガジンご登録はこちら