源氏物語 メールマガジン

  源氏物語メールマガジン >> 【1】王朝メイク事情

  【1】王朝メイク事情
 

 

メイクの基本は黒・白・赤〈前〉

今回は平安時代のお化粧を見ていきます。

───────────────────────────────────
◆平安貴族は目より眉
───────────────────────────────────

『源氏物語』の「若紫」の巻で、
光源氏は紫の君を自分のもとに引き取りました。
源氏は自邸の二条院で、わずか10歳の姫君と
ままごとのような生活を送ります。

「末摘花」の巻には一緒に人形遊び(雛遊び)をしたり、
絵を描いたりするようすが描かれています。
源氏は紫の君が成長するのを気長に待つわけですが、
まだまだ無邪気な姫君に大人ふうの化粧をさせてたわむれます。

──────────────────────────────────
 歯黒めもまだしかりけるを引き繕わせ給へれば
 眉のけざやかになりたるも美しう清らなり
──────────────────────────────────
 お歯黒もまだだったが、お顔をととのえさせなさると
 眉のくっきりしたのも美しく清らかだ

この時代、眉を描くのは大人の化粧でした。
女性は成人すると眉を抜き、眉墨で眉を描いたのです。
これが「引き眉(ひきまゆ)」。
現代では目を大きく見せるためにマスカラ、エクステなどを使いますが、
平安時代は目より眉がポイントだったようです。

『堤中納言物語』の「虫めづる姫君」はお化粧が大嫌い。
眉毛はたいへん黒く、白い顔の中で妙に目立っていたとあります。
姫君はお年頃になっても引き眉をしなかったのです。

子どもの眉は生まれたままの姿、大人の眉は描いた眉。
絵巻物の女性を見てもそれがわかります。

ではどんなかたちの眉がお洒落だったのでしょう。
残念ながら当時の絵から想像するしかないのですが、
それほど細いものではなかったようです。
実際の眉毛より上のほうに、現代よりちょっと太めに描いたと思われます。

眉月(まゆづき)とか柳眉(りゅうび)という言葉がありますね。
細い弓形の眉は奈良時代くらいまでで、
平安時代は柳の葉のようにまっすぐ引いていたようです。


◆美白は第一条件

お化粧の基本は美白でした。
白粉(おしろい)は「白きもの」と呼ばれ、
白い粉を水に溶かして念入りに顔全体に塗ったのです。

原料は米の粉や鉛。
鉛なんてお肌によくないはずですが、
平安時代には鉛製のほうが高級品だったそうです。
つきがよくないのでかなりの厚塗りだったとも。

ガラス窓のない平安時代の室内はほの暗く、
夜も燈台(とうだい)の灯りで生活していました。
真っ白に厚塗りしていてもちょうどよいくらいに暗かったのです。

燈台は今でいうフロアスタンドのようなもの。『源氏物語』には
「御殿油(おほとなぶら)」という名でたびたび出てきます。
皿に油を入れ、燈心をひたして火をともしますから、
ろうそくくらいの明るさでしょうか。
そんな弱い光の中では、白く塗っていないと目立たなかったでしょう。

『落窪物語(おちくぼものがたり)』の贈り物の場面には
「いとよくしたる扇、螺(かひ)すりたる櫛、
蒔絵(まきえ)の箱に白粉(しろきもの)入れて」とあります。
さすが貴族、白粉も贅沢な箱に保存していたのですね。


(→後編につづく)




  源氏物語メールマガジン >> 【1】王朝メイク事情

お気に入りに登録
源氏物語メールマガジンご登録はこちら