源氏物語ゆかりあられ専門店 京都宇治式部郷(しきぶのさと)のオンラインショップ トップページ (おせんべい・おかき・あられ)

商品カテゴリ一覧 > 白描 源氏物語 > 【第五帖】若紫(わかむらさき)

白描 源氏物語

源氏物語とその時代 源氏物語の構成 紫式部について 白描画とは

『白描 源氏物語』バックナンバー一覧へ

【第四帖】夕顔(ゆうがお)

【第五帖】若紫(わかむらさき) 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
雀の子を、犬君(いぬき)が逃がしつる。 伏籠(ふせご)の中に、籠めたりつるものを・・・  
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ■□■ 現代語訳 ■□■  
若紫「雀の子を、いぬきが逃がしてしまったの。 ちゃんとかごにいれておいたのに・・・」。  
■□■ 鑑賞 ■□■
春、瘧病(わらわやみ)にかかった源氏の君は、 加持祈祷を受けるために、 北山のお寺にお出かけになりました。 そこで、藤壺の宮にうり二つの美少女を垣間見ました。 最愛の妻となる、若紫の姫君(紫の上)との出会いです。 姫君には、兵部卿という父君がおありなのですが、 母君を亡くしてからは、継母の北の方から疎まれ、 お祖母様の尼君の許でさびしく暮らしていたのです。 源氏の君は、若紫の姫君が、藤壺の宮の姪であることを知ると、 自分の側において、理想の女性としてお育てになりたいと考え始めます。 北山の尼君が亡くなり、父君の兵部卿が、姫君を引き取ろうとすると、 すでに源氏の君が強引に連れ去った後でした。 その一方で、源氏の君は藤壺の宮と夢のような逢瀬を持ちます。 「このまま夢のなかへ消えてしまいたい―――」 そして、この許されぬ恋のはてに、 藤壺の宮は不義の子を身籠ってしまいます。
 
現在登録されている商品はありません