源氏物語ゆかりあられ専門店 京都宇治式部郷(しきぶのさと)のオンラインショップ トップページ (おせんべい・おかき・あられ)

商品カテゴリ一覧 > 白描 源氏物語 > 紫式部について

白描 源氏物語

源氏物語とその時代 源氏物語の構成 紫式部について 白描画とは


 ■□■ 紫式部について ■□■
紫式部という名前はペンネーム。同僚の赤染衛門の『栄花物語』に よると、女房名は「藤式部」だったようです。これは姓が藤原、 父がかつて式部丞だったことから。『源氏物語』が好評を博したため、 ヒロインの紫の上をもじって紫式部と呼ばれました。 生年は973年ごろといわれますが、はっきりしません。没年は 最短で1014年(長和3年)、最長で1031年(長元4年)と諸説が あります。
父の藤原為時は受領階級という地方の国司を務めた中流貴族で、 優れた漢学者・詩人でもありました。少女時代の紫式部は記憶力抜群で、 「男の子だったら自分の後継者にしたのに」と父を嘆かせたという話が、 「紫式部日記」に記されています。
998年(長徳4年)ごろ、親子ほど年の離れた藤原宣孝と結婚、 一女(大弐三位)をもうけています。しかし1001年(長保3年)に夫と 死別。その頃、物語の執筆を始めたと日記で回想しています。 これが源氏物語の原型だと思われます。 この物語が評判になり、1005年(寛弘2年)またはその翌年に、 藤原道長に求められ、中宮彰子のもとに出仕しました。1008年 (寛弘5年)の日記に、源氏物語と思われる物語の 記事があり、その頃には一定の部分が完成していたものと 考えられます。
『紫式部日記』の後半では、老いの嘆きと出家生活への思いが 綴られています。瀬戸内寂聴氏は、自らの出家体験から、第三部の 『宇治十帖』は出家後に執筆されたのではないかと推定しています。


『白描 源氏物語』バックナンバー一覧へ  
現在登録されている商品はありません