源氏物語ゆかりあられ専門店 京都宇治式部郷(しきぶのさと)のオンラインショップ トップページ (おせんべい・おかき・あられ)

商品カテゴリ一覧 > 白描 源氏物語 > 源氏物語の構成

白描 源氏物語

源氏物語とその時代 源氏物語の構成 紫式部について 白描画とは


 ■□■ 源氏物語の構成 ■□■

紫式部自筆の原本は消失しており、「源氏物語絵巻」の絵詩を除けば、 平安時代の写本も残っていません。 最も古いのは鎌倉時代初期の写本です。藤原定家(青表紙本の校訂者) や源光行・親行父子(河内本の校訂者)らが、当時の様々な伝本を校訂 して、今日に伝わる源氏物語の原文テキストを確定しました。 物語五十四帖は、三部構成として見るのが、現在の一般的な考え方です。
◇第一部(「桐壺」から「藤裏葉」) 桐壺帝の第二皇子・光源氏が、禁断の愛と、追放と失脚を経て、 准太上天皇(上皇に準じる地位)にまで昇り詰める物語です。天皇に なれなかった皇子が、さまざまな女性との遍歴を繰返しながら、 この世の頂点を極めます。貴種流離譚・求婚譚・継子譚など、旧来の 物語をベースにしながら、新しいロマンを生み出しています。
◇第二部(「若菜」から「幻」) 栄華を極めた光源氏の運命は、女三の宮の降嫁から大きく暗転します。 特に「若菜」は、「若菜を読まねば源氏を読んだことにならない」 (折口信夫)といわれ、全編中、最高の完成度を誇る傑作と高く評価 されています。
◇第三部(「匂う兵部卿」から「夢の浮橋」) 光源氏はすでに亡くなっており、子や孫の時代です。不義の子・薫の君は、 自らの出生に疑惑を抱き、仏道に憧れる厭世的な青年。 孫の匂宮は光源氏の「花心」(好色)だけを受け継いだような若宮。 この二人の公達と、宇治の姫君たちが織りなす愛の悲劇を通じて、 男とは女とは何か、孤独な人間に愛は可能なのか、魂の救済はあるのか、 千年を超えた今もなお読者に問いかけています。


『白描 源氏物語』バックナンバー一覧へ