源氏物語ゆかりあられ専門店 京都宇治式部郷(しきぶのさと)のオンラインショップ トップページ (おせんべい・おかき・あられ)

商品カテゴリ一覧 > 白描 源氏物語 > 源氏物語とその時代

白描 源氏物語

源氏物語とその時代 源氏物語の構成 紫式部について 白描画とは


 ■□■ 源氏物語とその時代 ■□■
『源氏物語』は、平安時代中期に成立した長編王朝ロマンです。「世界 最初の長編小説」といわれることもあります。
藤原道長が栄華を極めたこの時代には、後宮ではお妃たちが帝の寵愛を 競いました。教養あるインテリ女性たちがお妃の家庭教師となり、 華やかな後宮サロン文化が栄え、『源氏物語』『枕草子』などの 優れた王朝文学が生み出されていきます。
源氏の前に源氏はなく、源氏の後には源氏はないといわれます。 紫式部は『竹取物語』『伊勢物語』『蜻蛉日記』などの先行する物語文学 ・日記文学、『白氏文集』などの漢文学を換骨奪胎しながら過去の系譜を 絶する壮大なロマンに仕立てました。
以後、源氏物語は文学のみならず、絵画・香道・能楽など、多方面の 文化に大きな影響を与えました。また有職故実(ゆうそくこじつ)と結びつき、
王権儀礼の準拠にもなります。武家の世となり、戦乱で何度も京都は灰燼に 帰しても、このことにより王朝文化は存続しえたのです。
西洋世界に初めて本格的に紹介されたのは、1925年、ウェイリーの 格調高い英訳によってです。プルーストの「失われた時を求めて」に 通じる、記憶と時間が円環を織りなす物語構造が、高い評価を もって受け入れられました。今日ではフランス語・ドイツ語・ロシア語・ 中国語・朝鮮語などにも翻訳されています。


『白描 源氏物語』バックナンバー一覧へ